KLEEMANNへ頂くことの多いご質問にお答えします。

何がクリーマンのコンプレッサーをそんなに効果的にしているのですか?

効果についてディスカッションをする時、考慮すべき2つのカテゴリーがあります。クリーマンのコンプレッサーはLysholmのコンプレッサー定理を積極的に利用しています。このコンプレッサーのタイプは、空気を吸引しそれを雄ロータと雌ロータ間で圧縮します。これは単にオーバーヴォリュームによりマニホールドで圧力をつくり出すルーツタイプのものとは異なります。Lysholmのコンプレッサーは内蔵の圧縮比を備えており、圧力値は放出をすることによって定められます。これがスーパーチャージャーをノーチャージリヴァージョンのために回すことになります。リヴァージョンはコンプレッサーの効率を下げる主な原因です。マニホールドの圧力がコンプレッサーから流れてくる圧力よりも高くなった時、リバージョンは生じます。ルーツタイプのコンプレッサーからの圧力は常に大気中の圧力であり、どのブースト圧力もリヴァージョンにつながります。内蔵の圧力が、ブースト圧力がチャージリヴァージョンを除去する比率よりも高くなるように、Lysholmタイプのコンプレッサーはブースト圧力の放出口で常に圧力を保ちます。チャージリヴァージョンはコンプレッサーにとって大きなパワー喪失であり温度の放出にもなります。クリーマンのインタークーラー(中間冷却機)は効率を上げるのに重要な役割を果たします。ヒートエクスチェンジャーのメディア(媒体)平方インチごとに、クリーマンのインタークーラーは典型的なバーとプレートタイプのインタークーラーよりもヒートエクスチェンジエリアを50%多く含みます。これが、エンジンにとって安全な低いブースト圧力で空気交換を可能にするコンプレッサーシステムです。

どのようにクリーマンは長期継続するチューニングを保証しているのですか?

クリーマンのチューニングを開発するにあったって私たちの目標は、日常の有用性と耐久性を保証することです。これは私たちのパフォーマンスの部分にとって特に真実の部分でもあります。これはインテリジェントセイフティー、マネージング構成部品のロード、超過構成部品の回避が含まれている理由です。セイフティーや運転マネージメントは決して妥協されることはありません。クリーマンによるチューニングの耐久性と有用性は広範囲にわたるロードテストと当社のテストスタンドにおいて徹底的に実験されています。

7G-トロニックはクリーマンのチューニング・ソリューションのパワーを操ることができますか?

今、7-スピード 7G-トロニックトランスミッション(722.9)2000年から使用されている5-スピード(722.6)メルセデス・ベンツのトランスミッションの代替をしています。全ての新N/A V6V8車両は7G-トロニックのヴァリエーション、WA700とともに組み立てられています。WA700ヴァリエーションは760Nm(560ポンド/フィート)のトルクの値で、メルセデス・ベンツによって見積もられた耐久性ロードです。これはトランスミッションがミスなしに継続的にパワーを操ることを意味しています。瞬間のロードのレートは継続レートよりも簡単に35%上がります。そして7G-トロニック・トランスミッションはクリーマンのチューニングから簡単に高性能を引き出すことができるのです。7G-トロニックは2004年から入手可能で、クリーマンは多くの車両を修正してきました。今日に至るまでこれらの車両には何の問題も生じていなく、64,000km(40,000マイル)を超えています。

 異なった製品からチューニング・ソリューションを組み合わせることができますか?

クリーマンは異なった製品からチューニング・ソリューションをミックスすることをお勧めしません。個々のソリューションは、確かなアウトプットを成し遂げるために多くのパラメーターを変えていきます。異なるソリューションを結びつけることによって、イグニッション・タイミング、ブースト圧力、総燃料、燃料圧力などへのチューニングの際に影響される異なったパラメーターが変えられ成果を維持できなくなる、というリスクを負うことになります。異なった、そして調和されない修正の組み合わせはエンジン・マネージメントの不和、正しくないイグニッション・タイミングの原因となります。リスクとはエンジンがロードのもとでラン・リーン(燃料の割合に対して空気が過多である状態)を起こし、ダメージを受けるということです。もしくはイグニッション・タイミングが間違って行われるかもしれなく、エンジンはノックをし始めます。ピストンにはひびが入り、エンジンは故障を被ることになります。

 メルセデス・ベンツ社が私の車にすでにLSDが一つ搭載されているのに、なぜクリーマンのLSDを購入するべきなのですか?

メルセデス・ベンツは機械化されたLSDを搭載した車両を販売していません。メルセデス・ベンツはそのLSDの効果の複製を試みるためESPシステムを使用しています。しかしシステムには欠点があります。もしESPシステムが前もって定められたパラメーター外のホイールのスピンを探知すると、スピンしているホイールにシステムはブレーキをかけ、ホイールは逆サイドのホイールへパワーを移します。もしこの逆サイドのホイールがスピンし始めると、システムは両ホイールにブレーキをかけます。もしホイールのスピンが和らげられないと、スロットルがエンジンのトルクを制限するために閉じ始めます。これはホイールのスピンを制限する受動的なアプローチです。
クリーマンのLSDは機械的に両ホイールを連結させます。ホイールは常に連動され、効果的なコンタクト・パッチ(?)が倍増されることになります。これはホイールがスピンし始めるのを劇的に制御します。OEソリューションとは異なって、ホイールは決してスピンすることなく、そしてESPが障害になることもありません。これはホイールのスピンを制限する能動的なアプローチです。適切なタイヤとともに、ホイールスピンが起こらないクリーマンのLSDを利用し、デッドストップから600hp車両に起動することが可能なのです。100km/h (60mph)まで0.3秒というのが記録されています。

 どのような保障がクリーマンにありますか?

クリーマンの全ての製品が1年間保障されています。構成部品の故障など予測不可能の事態などで、クリーマンは12ヶ月の保証期間を全ての純正品に提供しています。取り付け上コンプレッサーとそのパーツはクリーマンに12ヶ月間、もしくは走行距離100,000km/60,000mls到達までのどちらかまで保障されています。保証期間の延長は製品が販売された各国の法律に従って行われます。あなたの国のクリーマンは、チューニングに適切なアドバイスをいたします。(一般取引条件を適用します。上記はただ説明目的であり、一般取引条件の包括的な説明ではありません。これは申し込みと契約でもなく、法的に履行されるものではありません。)

 誰が私のクリーマン車にサービスを提供してくれるのですか?

正規クリーマンのディーラーがクリーマン製品にサービスをご提供します。どのメルセデス・ベンツ正規修理工場も車両へ決まったサービスができますが、サービス・ワークを優先し、正規クリーマンディーラーにコンタクトをとることをお勧めします。

 クリーマンのコンプレッサーは燃費にどんな影響を及ぼしますか?

街乗りではおよそ0.5km/l (およそ1mpg)の燃料消費が予測されます。高速道路では燃費は全く変わるわけではありません。もちろん常にフル・スロットルで運転するのならば、間違いなく上記の値よりも大きくなります。燃費は運転のスタイルによって変わってきます。

 誰がクリーマンの製品を私の車に取り付けてくれるのですか?

クリーマンの正規ディーラーがクリーマン製品を取り扱うことができます。正規ディーラーのみがクリーマンの製品の適切な設置とチューニングを、クリーマンの技術スタッフによりトレーニングを受けています。

 一度取り付けられたクリーマンのチューニング製品を取り外すことはできますか?

はい、クリーマン製品によるチューニングは永久のものではありません。いつでも製品を取り外せますし、オリジナルの車両へ戻すことができます。

 クリーマンのチューニング製品の取り付けは、エンジンの基本構造とデザインのチェンジを必要としますか?

いいえ、全チューニング製品はオリジナルエンジン用にデザイン・設計されています。

 なぜ高性能製品が”オフロード、モータースポーツ用デザイン“のみなのですか?

この経過がチューニング産業の慣例である国際標準の放棄になるからです。エンジンのチューニングに関係しているすべての法律を支持しているとは、当社は保障できないからです。これは、当社の製品が安全でなく、運転に悪影響を及ぼすということを意味しているのではありません。